雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

長野県ハイドラCP難所攻略#1【セバ谷ダム】

2017/06/10(土) 22:20:37

今日は息子の部活の大会で諏訪方面へ朝から送って行ったので、帰りに県内CPで取りこぼしている場所へ行ってみる事に。

場所からして、取れていなくて、近くて、行けそうなのは松本市の白骨温泉付近にある『セバ谷ダム』。

以前付近の国道を通ってみても取れず、白骨温泉街のできるだけ近いところまで車で行ってみましたが、それでも取れず…。

そこで、みん友さんのブログを参考に山登りを決行(笑)

それでも、横着な私は車で行けるところまで行ってみて、取れれば儲けもんと行ってみましたが、やはり取れず(苦笑)
しかも圏外(汗)

その結果、思わぬ事態に・・・。
最初から素直に山登りを選択するべきでした。

その件はまた後日書きます。


さて、山登りするには、白骨温泉へ行く途中に「セバ谷調整池入口」という看板と橋がかかっているところがあるので、そこから進みます。

場所はコチラです。
DSC_0836_20170610221533ffb.jpg

ここから出発します。
クルマはここら辺に止めます。
ちょうど待避所になっていて道幅が広くなっているので、他車の通行の邪魔にはなりません。
DSC_0837.jpg


人が歩けるようにはなっていますが、そんなに整備されていません。
しかも結構登り坂です。
運動不足の私はすぐ息切れしました(汗)

片手にスマホ、片手にペットボトルを持ちながら登っていきます。


途中、こんなんになってたり(汗)
DSC_0834_20170610221530042.jpg

そして登り続ける事15分ほど。

CPと道路の途中でCP獲得の音楽が鳴りました♪

場所はここらへん。
Screenshot_2017-06-10-11-45-50.png

みん友さんは、そのまま登ってダムを拝んだようですが、私はCPさえ取れればいいのでサッサと撤収(汗)

道とマイプレが見えた時はちょっと安心。
DSC_0835_20170610221531073.jpg


という訳で、無事セバ谷ダムCP獲得♪
アプリを見たらこんな感じ。
Screenshot_2017-06-10-21-19-26.png

2人しか取ってない(笑)
私とみん友さんで確定ですな(苦笑)

電波が入るかが心配でしたが、登っている最中は常に4Gがつながっていました(au系)。


最後にセバ谷ダムCP攻略のまとめを書いて締めたいと思います。

・クルマで取ろうとしても無理。道の途中から橋を渡って歩いて(登って)いく必要あり。
・靴は履きなれた靴がベター。登山靴とまではいかないが、溝のないスニーカーはちょっと危ない。
・一応水分補給できるものを持っていた方が良い。
・急がば回れ(私は帰りにショートカットしようとして滑り落ちました(爆))
・荒天時、冬季のアタックは通常の何倍も苦労すると思うので止めた方がいいです。


以上、セバ谷ダム攻略日記でした。

ここまで来ると、更に長野県CPコンプリートを目指したくなる気持ちが強まりましたね~
├プレマシーTB:0CM:0
<< 路上の石をすり抜けようとした結果ホーム全記事一覧第228回燃費計算 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3362-146b6420

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.