雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

一応確認してみた

2017/05/07(日) 22:10:48

一昨日行った石川旅行

その時にヒヤッとした出来事の一つである、お巡りさんの警告。

「ここに来る時に通った踏切は、普通車進入禁止」

との発言。

間違った事は言ってないと思いましたが、一応確認してみました。
shinnyu-kinshi.jpg


うん、やはりしっかり標識あった(汗)

しかも左右に(大汗)


でもね・・・


大きな道から右折するとすぐ踏切な訳ですよ。

前に軽トラがいたから、右折しながら踏切に入ろうとすると、反対車線を「通せんぼ」しちゃう状況なんですよ。

だから、標識を見落としてサッサと渡ってしまおうと思ってしまう訳ですよ。


ま、何を言おうと言い訳なんですけどね…。


前回のブログでは書きませんでしたが、私が

『ナビで案内されて、前の軽トラも通ってたので』

と言ったら、お巡りさんも「極論を前提」と前置きをした上で

『だったら、ナビが道のない海に行けと示せば行きますか?』

と。

『行く訳ねぇだろ』

『実際通れたし』

『極論にも程があるだろ』

『怒らせるように煽ってんのか』

等々が頭の中で巡りましたが、ここで逆ギレしたり、悪態をつくと警察の思う壺にハマるのは間違いないと思い、黙って反省していましたがね(-.-)


もし、ここでこういう取り締まりをするなら、それ以前に本線から見える位置に、しっかり見やすく

『この踏切は普通車進入禁止です』

という旨の表示看板を建てていただきたい。

私のように県外から来る土地勘のない者からすれば、見落とす人は多いはずです。

しかも、標識は渡る方向に向かって表示してあるので、本線からは見えにくいです。
もっと本線を走っている側に向けて建ててほしいです。

そして普通車が通ってはいけない理由も分かりません。

実際車高短のマイプレもリップも腹も擦らずに通過できましたし(笑)


それよりも、もっと危険な運転をしている輩や事故率の高い場所のパトロールを強化していただきたいものです。


最後に、石川県警察の皆さん。

決して批判している訳ではないですよ。

GWも休まず事故や犯罪の撲滅に向け、日頃ご尽力されていることに敬意を表します。


そして今回の一件、しっかり肝に銘じ、交通ルールを守り、一層安全運転に心がける所存でございます。


追伸:
せっかくなので当該位置を下に貼っておきます。
無視して(知らずに)渡ると、その先にお巡りさんが手ぐすね引いて待ってるかもしれません。
近隣の方はお気を付けください。

https://www.google.co.jp/maps/place/37%C2%B003'45.9%22N+136%C2%B056'29.4%22E/@37.062746,136.9403977,18z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d37.062746!4d136.941492?hl=ja




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
雑記TB:0CM:0
<< 県内取りこぼしCP巡りホーム全記事一覧石川旅行 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3351-29e7e77b

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.