雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プリウスPHV

2017/02/16(木) 21:43:29

プリウスPHVがついに発売されましたね。
prius-phv.jpg

以前からネット上では画像が出ていたので新鮮味は薄れてしまいましたが、改めて見ると特にフロントはプリウスとは全く別のクルマのようで、私はPHVのほうが好きです。

メカニカルな部分も、プリウスと比較すると、11.6インチディスプレイがあったり、ルーフにソーラーパネルが装備できたり、曲面的なバックウインドウを採用したりと、プリウスとの差別化が図られています。
prius-phv-interior1.jpg  prius_phv_roof.jpg  prius-phv-backdoor.jpg

燃費が良いのと静粛性が高いのはまず間違いないので、これで運転していて楽しい味付けになっていたらかなり惹かれる存在になりますね。

更に、モデリスタやTRDは、発売と同時に魅力的なエアロが発表され、私のココロをくすぐります(笑)
prius-phv-modellista.jpg  prius-phv-trd.jpg


ただ、問題点もいくつか。

まずは値段が高め。

それなりのグレード(A)は車両価格で約380万円。
この価格まで出せるなら選択肢が増えます。

ホンダならアコード、スバルならWRX S4やレヴォーグ、マツダならアテンザが買えます。

外車だとアウディならA3、BMWなら1シリーズ、メルセデスならCLA、VWならゴルフGTIに手が届きます。


次に乗車人数。

C-HRを試乗しに行った時にDの店長さんとも話した記事を書きましたが、定員4人は果たして日本で受け入れられるのでしょうか。
prius-phv-rearcabin.jpg

ほとんどのセダンは後席に常時3人乗る事を想定してないでしょうが、「乗る事ができる」のと「乗れない」のでは意識的に躊躇います。
我が家も家族4人なのでだいたい多くても4人乗車ですが、実家の母も一緒に乗せてちょっと買い物へ…となると、プリウスPHVでは定員オーバーとなってしまいます。

こう思うのは私だけではないと思うので、いずれ5人乗車仕様も出してくると思っています。

ま、現段階では私は買いません(買えません)が、これからユーザーさんからのインプレや改善点をメーカーが集約して改善していくでしょうし、アフターパーツもどんどん出てくると思うので、自分好みのドレスアップができるでしょう。


マイプレの次の車検となる2年後までに、プリウスPHVの値引きが緩み、5人乗り仕様が出て、魅力的なアフターパーツが出てくれば、次期愛車候補の上位に挙がってくるでしょう。←って、やっぱり弄る事前提(笑)

っていうか、プリウスがプリウスPHVのエクステリアになってくれれば、プリウスでいいんですけどね(笑)

とりあえず、現行プリウスも試乗したことがないので、試乗車が出始めたらDに行って品定めをしてこよう(* ̄ー ̄)



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└その他クルマTB:0CM:0
<< 10年点検ホーム全記事一覧第219回燃費計算 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3292-646cb503

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.