雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

C-HR 見物&試乗

2017/01/10(火) 22:09:37

最近発売されたクルマで興味を持った、トヨタの『C-HR』を見物&試乗してきました。

個人的に次期愛車にSUVは候補対象外でしたが、

①現行プリウスから採用されたTNGAはどれほどのものか
②SUVだが、ニュルで走り込んで煮詰めた走行性能はどれほどのものか
③画で見る分には結構好きなデザインだったが、実際見たらどうなのか


等が気になっていたので、実車はどうなのか、トヨタのディーラーへプレで直撃訪問しました。

尋ねると、店長さんが対応してくれました。

C-HRの見物&試乗をお願いしたらスンナリOK。

まず外観から眺めます。
DSC_0618.jpg

見た感じは、画像で見るよりロー&ワイドで、しかも実物の方がカッコよく見えました。

見た目だけで結構惚れた感じ。
最近のクルマでは感じなかった『トキメキ』を感じました。
これ、クルマ選びで結構重要です。

一周見回してみてハッチを開けてもらいました。
DSC_0614.jpg

腰高な上に、結構「上げ底」です。
フロア下にもスペースがありますが、スペアタイヤをオプションで装着して積んだらフロア下のスペースもほとんど置けない状態です。
一般的なSUV感覚での荷室の広さを想定していると、確実に『狭い・浅い』と感じるでしょう。

店長さんも
『スタイル優先のため荷室は割り切っています。』
と言ってました。
ま、元々スタイル重視で作られたクルマでしょうから納得ですな。
個人的には、このくらいあればいいんじゃね?って感じです。
ゴルフバッグが横に置けるか微妙なところです。


そして先日、新型スイフトの欠点として挙げたリアドアのノブの位置。

C-HRも同様の箇所にありました。
DSC_0615.jpg

これもスタイル重視でこの位置になったそうですが、一般的な場所だとスタイリング(見た目)が悪くなりますかねぇ。
個人的には、4ドアの時点でドアノブは一般的な場所にあるのが一番実用的だと思うんですが。
欧米や開発された方々は「クーペ(3ドア)ルック」に見える方がカッコいいと思うんでしょうかねぇ。
一般的なドアノブの位置にあったからと言って、横から見たクルマ全体のイメージが崩れるような事はないと思うのですが。
ここは実用性を重視してほしかったです。

ただ、スイフトと違うのはノブの形状がヒンジタイプではなくバータイプになっている事。

実際に開閉してみましたが、これだとまだ使い易いです。
大人は上から掴むように、子どもは下から手を伸ばして引っ張って開けられるようになっています。
なので、デザイン重視としながらも、実用性を考慮した作りになっているなと思いました。


続いて運転席に乗り込んでみました。

フロント周りの見切りは良いです。
ボンネットも見えるので、車幅感覚はつかみやすいですね。

インパネ周りは流石といった感じで、良くも悪くも「ソツなく」作り込まれている感じです。
帰ってから気づいたのですが、私が試乗したのは下のグレード(S-T)でしたが、マイプレに比べれば格段に高級感がありました(苦笑)
また全体的に「囲まれ感」があり、ドライバーズファーストに作っているという意図が伝わってきました。
DSC_0621.jpg

DSC_0623.jpg

後方視界は決して良いとは言えません。
バックモニターは付けておきたいところでしょう。

イルミは青がベースになっていて個人的に好みです。
「LEDに打ちかえる必要はないな」
と思ったり(笑)
DSC_0622.jpg

ちょっと残念だなと思ったのはナビ(オーディオ)の部分。
操作性は良いでしょうが、ここだけ出っ張ってる感じで、インパネの「横の一体感」が失われてるような感じがしました。

あとは細かいところですが、パワーウインドウが全席AUTOになっているのは便利ですね。
他メーカーも拡大していってほしいところです。
DSC_0619.jpg


続いて後席に座ってみました。

頭上スペース・膝前スペース共に「広くもなく狭くもなく」といった感じでした。
後席に大人2人が座っても、窮屈に思う事はないでしょう。

ただ、リクライニングができない事はマイナスポイントです。
そして、ドアを閉めると後席の窓がかなり小さいので閉塞(圧迫)感があります。
この辺もスタイル重視の結果という事でしょう。

以上、見物記でした。

◇ ◇ ◇

試乗記に移ります。

試乗車は1.2Lターボモデル(S-T)でした。
できればハイブリッドに乗りたかったですが仕方ありません。
別のディーラーで試乗させてもらうとします。

スタートボタンを押してエンジンをかけると、比較的静かな印象。

ゆっくり街中を走らせる分には非力さを感じません。(店長さん同乗)

開けた道に出たので

「アクセル開けてもいいですか?」

と聞いて了解を得て、今回も半分程度アクセルを開けます。
するとターボらしい加速が得られました。
ただ、先日試乗したスイフト1Lターボと比べるとパンチが弱い感じがしました。
車重やトランスミッションの影響が大きいんだと思います。

新型スイフトの1Lターボは、1.2L NA以上のトルクを持ちながら燃費も向上させるという

「ダウンサイジングターボによる性能と燃費向上の両立」

という感覚でしたが、C-HRは

「ダウンサイジングターボによって、この車体に必要なトルクと燃費を維持」

させている感じでした。

なので、クラスを超えた加速感という印象ではありませんでした。
むしろ、大人4人乗車での登坂道路の加速にちょっと不安が残りました。

ほとんどが街乗りの流れに沿った試乗だったので、その中で自分のいろんな感性を研ぎ澄ませて体感しました。
その印象は

・車格ほど腰高感はない。むしろ低重心な感じ。
・足回りは比較的硬め。したがってロールも少なめ。個人的には好印象。
・ロードノイズが比較的入ってくる。路面の繫ぎ目も比較的拾う。エンジン音も思ったより聞こえる。
・ステアリングを握って走らせている感覚はどっしりした感じ。ステアリングを切ると、あまりクイックな感じではない。
・シフトレバーで減速してみたが、エンジンが唸るのみ。エンブレがほとんど利かない。CVTなので致し方なしか。
・たまたま前方車が突然減速したので車間距離が縮まった時、メーター中央部に赤く「ブレーキ」と表示され、警告音が鳴った。思わぬ形で安全性能を試す事ができた。こういう機能は必要だと実感。

って感じでした。

試乗した感想は『思ったより走る』ですね。

もうちょっと腰高感があると思っていましたが、そんな事もなく、アイポイントが高いので見晴らしも良い。
そしてセダンより乗降性が良い。

SUVのカテゴリになりますが、個人的には

『SUVの形をした、ちょっと背の高い4ドアクーペ』

という印象ですね。

以上、試乗記でした。

◇ ◇ ◇

実車を見物&試乗した結果、冒頭に挙げた3つの項目ですが、

①は分かりませんでした(汗)
②も分かりませんでした(大汗)
③は実際に見た方がカッコ良かった!

でした。

クルマを選ぶ大きな要因の一つである『カッコ良いか』の点で好印象だったのが、今後も興味を持って見ていく事になるでしょう。

更に、人気車になりそうなので、アフターパーツも数多く出て、ドレスアップしやすそうなのもメリットですね←イジる事前提(笑)

っていうか、既にモデリスタでかなり完成されたエアロモデルも出ていますし。
c-hr-modellista-boost-impulse-front.jpg

これで納車されれば、車高落としてホイール替えるくらいで外観は良さそう…←って、やっぱり落とす前提(汗)

今後G's(そのうちGRって言うのかな?)も出そうですし、そちらも興味津々です。


試乗後、店内に戻り、店長さんが契約の攻勢をかけようとしましたが、私がすかさず

『今月車検を通すので、今買い替えるつもりはありません。』

の一言で引き下がりました(笑)

実際、今契約しても車検切れの2月末までには納車できないみたいです。
だいぶバックオーダーを抱えているようでした。


今回見物&試乗して、次期愛車候補に挙がってきました。
もし買うならハイブリッドなので、いずれハイブリッドも試乗してみたいと思います。
これでハイブリッドの乗り味が良ければ、次期愛車候補上位に挙がってきますね。

今回も、なかなか良い体験をさせてもらいました♪

C-HRはこれからも注目していきたいと思います。
DSC_0616.jpg



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└その他クルマTB:0CM:0
<< C-HR試乗後の余談等々ホーム全記事一覧今クールのドラマ鑑賞(2017/1-3) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3262-d523d510

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.