雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ノアハイブリッドに乗ってみた

2016/10/04(火) 22:16:26

ノアハイブリッドを運転する機会がちょっとだけあり、乗ってみたので軽くインプレをしたいと思います。
toyota_noah_hybrid.jpg

外観は好みがあるので人それぞれかと思いますが、私はノーマル顔よりエアロ顔の方が好きですね。

今はハイブリッドもエアロ顔を選べるようになりましたが、当初はノーマル顔しか選べなかったので

ハイブリッドが欲しいがエアロ顔を選べず、やむなくノーマル顔を選んだ

ユーザーの方達にとっては「後出しジャンケン」的に出してきたメーカーのやり方に、さぞご不満をお持ちだと思います(苦笑)

バンパーだけ変えようと思っても、全長が変わって3ナンバー化してしまう(らしい)ので、簡単に変えられないようですしね…。


乗降性は良いです。腰を滑らせる感じで乗り込めます。

運転席に座った感じは、メーター類も見やすいですし、前方の解放感もあります。見切りもしやすいです。

インパネ類も感覚で操作できるので、使いやすいと思います。


運転して見た印象は、やはり背が高い分見晴らしがよく、運転していて楽な気分になれます。

ハイブリッドなので発進や低速走行の静粛性は非常に良いと思います。
これはエンジンが動いていないので当たり前です。

その代わり、ロードノイズなどの他の雑音が耳に残りました。
路面の良い道路での車内の静粛性ではマイプレの方が上ではないかと思えるくらいです。

また、交差点を曲がる時はプレのようには曲がれません。
かなり速度を落とさないと横転しそうで怖いです(実際はよほどの事がない限り横転などしないでしょうが)。

かと言って、乗り心地がソフトかというとそうでもありません。凹凸は普通に感じます。このくらいショックを硬くしないと本当に横転してしまうんでしょうね。

結構急勾配な坂道も走りましたが、1人乗車でもかなり苦しそうに上って行きました。
エンジンの音も心地良いものではなかったですね。
7人乗車していたら上っていけるのかちょっと不安に感じました。

少なくとも

「運転していて楽しい」

とは思えませんでしたね。

ちなみに走行中の燃費は17.7Km/Lでした。
この辺はさすがハイブリッドと感心しました。


という訳で20km程度走った感想としては

「多人数乗車又は大きい荷物を積み込む事を多用し、比較的車内は快適で、かつ燃費も重視したい人」

には選択肢の一つにしていいのではないかと思います。

運転席に座ってちょっと運転しただけなので、その他の事は分かりません。

ただ、今の私にこの種の車は必要ないし、いらないし、欲しくもないという事はハッキリと分かりました。

この車に300万円オーバーの値段を出すなら、今だったら迷わずアクセラ22XDを選択します。



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└その他クルマTB:0CM:0
<< スネ毛がボーボーホーム全記事一覧今クールのドラマ鑑賞(2016/10-12) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3202-8e5e764a

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.