雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MCアクセラ観察&試乗

2016/07/26(火) 21:31:13

MCしたアクセラが気になっていたので、Dへ行って観察&試乗させてもらいました。

Dに置いてあったのは、今回アクセラに初搭載となった1.5ディーゼルのFF(スポーツ)。

ガソリンモデルのセダンは興味がなかったので(汗)、スポーツの方をじっくり観察。

まず後部座席に座ってみました。

頭上スペースはハッチバックならこんなもんかなという感じ。
足元のスペースも同様。
狭くもなく広くもなく普通ですね。

ただ、ハッチバックならリアシートをリクライニングできそうなんですが、その機能はありませんでした。
最近のマツダ車は全てリアのリクライニング機能は採用していないそうです。

セダンは無理としても、ハッチバックなら少しシートを倒してリラックスしたい時にリクライニングさせることができると思いますが、採用しないという事はメーカーとしてのポリシーなのかもしれません。
個人的にはハッチバックにはリクライニング機能を採用してほしかったですね。

試乗車はホワイトレザー仕様だったので華やかでしたが、色移りの心配や汚れが目立ちそうですね。
対応していただいた店長さんも仰っていました。
でも、このホワイトレザーを見て気に入り、指名買いする方(特に女性)もいるそうです。
確かにオシャレだと思いますが、私は選ばないでしょう(苦笑)


続いて運転席に座ります。
適度な囲まれ感がありつつも窮屈さは感じません。
ステアリングの握り心地も良く、そして沢山のスイッチがついています。
使いこなすには慣れが必要ですな(苦笑)

マツコネを操るコマンダーコントロールも慣れれば視線を離さず操作ができそうです。
内装の質感は、スカイアクティブになったマツダ車全車に言えますが、格段に向上していますね。不満はありません。



さて、試乗開始。

試乗させてもらったのは前述のスポーツの15XD Lパッケージ(AT)。
1.5ディーゼルの最上級モデルです。

エンジンをかけてアイドリングの音を聞くと、やはりディーゼル特有の音が聞こえますが、以前デミオのディーゼルを試乗した時と比べると、その音が抑えられている気がしました。
ナチュラルサウンドスムーザーに加え、今回初導入した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」の効果かもしれません。
ただ、静粛性に関してはガソリンエンジンにはまだ敵わないですね。

インパネを見るとアナログのタコメーターも見やすく、アクティブドライビングディスプレイ(ADD)に速度が表示されるので、視線移動が少なく済みそうです。

パワーシートで座席調整をしていざ出発。

店長さんから

「どこを走ってきてもいいですよ」

と言われたので、気ままに走ります♪


まずは1.5ディーゼルでパワー不足を感じないか体感すべく、上り坂に向かいます。

上り坂に差し掛かりアクセルをグッと踏むと、ディーゼルならではのトルクフルな加速で難なく上っていきました。
ちょっと感心。
今回のMCで2.0Lガソリンエンジン搭載モデルをなくしましたが、1人乗車の分にはトルクに関しては全く問題ないと思いました。


続いて平坦な直線道路を走ってみました。

18インチの低扁平タイヤのせいか、轍に若干ステアリングを取られる場面がありましたが、それ以上に感じたのが

「何故か分からない運転しているときの安心感」。

運転していて楽というかスムーズというか、車が非常に安定して走っているように感じられました。
この良い違和感が自分でも気持ち悪いくらいでした。
ひょっとしてこれがGVCの効果なんでしょうか?
でも、人間はほとんど感じる事がないと言うGVCを鈍感な私が感じられる訳ありません(爆)

でも

「何だろう?この安心感」

っていう気持ちは、車を運転する上で、疲労軽減や運転の楽しさに大きく作用するのではないかと思いました。

あと、ADDには速度表示のほかに、今走っている道路の速度制限などがカラー表示され、少ない視線移動で情報が認識できるのも安全運転の一助になっているのが先進的だなと感じました。


続いて狭隘路。

プレより約50mm幅広なので狭い道での対向車とのすれ違いがどの程度気になるか試してみました。

実際はプレとの差は感じませんでした。
車体は50mmほど広くても「ミラーtoミラー」の幅の差はほとんどないのかもしれません。

そして最後にもう一度ディーゼルターボの加速感を味わって試乗終了。


試乗を終えての感想は、

「アクセラでも1.5ディーゼルで加速力は十分」

だと感じました。

ATだったので(というか、現時点でアクセラの1.5ディーゼルにMTの設定はない)パドルシフトも試してみましたが、プレのマニュアルシフトとは比べ物にならない程リニアで、ATでもマニュアル感覚の走りができると感じました。

こうなると、1.5ディーゼルでこれだけ加速がいいと、やはり2.2ディーゼルも体感してみたい・・・。
以前CX-5で2.2ディーゼルを試乗しましたが、タイプが全然違うので、きっと強烈なトルクを体感できそうです。
そしてMTでも操ってみたいところです。


唯一気になるところを挙げるとするなら、やはりディーゼル特有の音。

かなり抑え込まれていると思いますが、やはりガソリンエンジンには敵いません。
特にアイドリング時や、2000回転くらいまでの間はディーゼル特有の音が気になります。

ま、これも慣れてしまえば気にならなくなるんでしょうけど。
ただ、静粛性を第一に考えてる方には、ディーゼルエンジンの選択肢はないでしょうね。ハイブリッド車かワンランク上の車をおススメします。

そして、以前にも挙げたナンバーの位置(苦笑)
店長さんとも話しましたが、突起せずに正面から確認できればナンバー移動は問題ないとの事でした。

個人的にはグリル下に移設したいところですが、スペースが足りなさそうなので、フロントリップをつけて幅を持たせてステーで固定…なんて妄想を早速してみたり(笑)


個人的にはディーゼルのトルク、ターボの加速感、そして低燃費かつ燃料が軽油というコスパも含めるとマツダのディーゼルは買う価値が十分にあると改めて感じました。

そうした面からも、MCしたアクセラは総じて良いクルマだと思いました。
次期購入候補の一つになりますね。
買い替える予定はありませんが(苦笑)


最後に、カタログで見て惚れた新色「マシーングレープレミアムメタリック」の実車も見ましたが、実物はただの濃いガンメタにしか見えなかったのが残念(苦笑)

買うなら鉄板ですが、ソウルレッドか白かなぁなんて思い、カタログをいただいてDを後にしました。
bm-axela-mc2.jpg
└その他クルマTB:0CM:0
<< 孵化!?ホーム全記事一覧孵化? >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3150-89748fb9

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.