雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

車速の誤差

2016/06/30(木) 22:26:37

最近TOUCHの表示の一つを『車速』に変えてみました。
DSC_0122a.jpg


今まではその場所に『インジェクター噴射率』を表示させていましたが、見ても理解不能なので(汗)


で、実際の純正メーターの目視値とTOUCHの表示速度に誤差があるかどうか見比べてみました。


すると、常にTOUCHの方が3km/hほど『遅く』表示されます。(40~60km/h走行時)



私が今履いているタイヤは235/35R19で、純正の195/65R15と比べると外径で約12mm大きい計算になります。


つまりタイヤが1回転する距離が純正の時より長くなり、純正メーターに表示される速度は『タイヤが1回転するのにかかった時間』により計測されていると思われるので、メーターの表示値は実際の速度より『遅く速く』表示されていると考えられます。


計算では約2%遅く表示されているようなので、例えば純正メーターの表示が100km/hだった時は、実際は102km/hの速度で走っているという事になります。(あくまで純正メーターの速度表示が正確だという前提)


そういう事も頭に入れて、制限速度表示を見るたび

『メーター読みより、やや遅めの速度で走らなければ』

と心がけています。

万一、ネズミ捕りに遭ってこちらが『法定速度で走っていた』と言い張っても、そのメーター表示が間違っていれば弁解の余地もありませんからね。



さて、上記を踏まえてTOUCHの表示の話に戻ります。

TOUCHがメーターと同じ方法で車速を計算し表示させているなら、メーター読みと(ほぼ)同じ速度表示にならないとおかしくなります。

でも実際は、TOUCHの方が遅く表示されています。

タイヤの外径で2%程度の誤差なのに、40~60km/hで走っていても3km/hほどの誤差(約5%)があるという事はちょっと不思議です。

なので、純正のメーターとは違う方法で速度を計算し、表示しているものと考えられます。


もし、TOUCHの速度表示が本当の速度を表示しているなら、メーターの速度表示は実際の速度より『かなり遅め速めの表示』になっていると考えられます。

でも、同一車種でもグレードによってタイヤサイズが違うクルマも多々あるので、タイヤのサイズが違えばタイヤの外径に若干の誤差が生じますし、タイヤの外径(グレード)によってメーターの補正をしているとは考えられません。

そうならないように、メーカーは『かなりの安全マージン』を考慮してメーター表示値を『遅め速め』に設定していると考えると納得できます。

そうしないと、もしメーターの表示が実際の速度より遅かったら、メーター読みのスピードで走っていても、片っ端からネズミ捕りに引っかかっちゃいますからね(苦笑)

それに、実際に速度が遅くなれば事故の軽減にもなるでしょうしね。(渋滞発生の観点からは好ましくないですが)


でも、特に問題がなければ法定速度に近い速度で走りたいので、『実際自分はどのくらいの速度で走っているのか』を知りたいんですよね。

それがTOUCHの値なのかどうか…。

誰かマイプレの速度調査をして欲しいです。(苦笑)


P.S.
速度表示のピーク値が『0』なのは、撮影直前にリセットしたためです。
リセットしないと、とてもブログに掲載できる表示ではなかったので(大汗)
├プレマシーTB:0CM:0
<< ストレイヤーズクロニクルホーム全記事一覧謎の多い迷い人 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/3130-d547d14c

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.