雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

CSルールのボヤキ

2015/10/07(水) 21:49:41

今年のパ・リーグのペナントレースはホークスの2連覇で幕を閉じました。

これからクライマックスシリーズ(CS)が始まります。

だいぶ定着してきたCSですが、ホークスにはCSに苦々しい思い出があります。

CSの前身であるプレーオフが導入された2004年では、リーグ優勝しておきながら2位と5ゲーム差以上つけば与えられるアドバンテージにあと一歩届かず(4.5ゲーム差)、敗退。
2005年も全く同様な形で敗退。

そんなホークスを不憫に思ったのか、2006年には1位チームには無条件で1勝のアドバンテージがついたものの、その年のホークスは3位で第1ステージは突破したものの、第2ステージで敢え無く完敗。

この制度の影響で、日本シリーズに進出できなかった印象が強く残っているんです。


2007年からはセパ同様にCSと名を変えて以降、ホークスが1位となりながら日本シリーズに進出できなかったのは一度だけ(2010年。マリーンズ下剋上劇場の年)ですが、CSの苦手意識は未だに私の中にあります。


で、今年。

2位とのゲーム差は12ゲーム。そして3位とのゲーム差は18.5ゲームもついています。

これだけブッチギリの優勝をしても、アドバンテージはホーム球場での試合と1勝だけというのはどうしても納得できません。

そんな歴然とした結果がありながら、ファーストステージは3戦2勝、ファイナルステージは6戦4勝という短期決戦で日本シリーズ進出チームを決めてしまうのは非常に理不尽に感じます。

シーズン140試合以上戦った結果があまりにも軽く見られ過ぎています。

そこで私なりの提案は5年前に書いたルール。

【再掲】
◇ ◇ ◇

■チームの勝率が5割を超えていない場合は、CS進出資格なし。

■3位-2位の差、また2位-1位の差が5ゲーム以上離れていれば、CS進出資格なし。

■CS1stステージは5回戦とし、2位には無条件で1勝のアドバンテージ。更にゲーム差が2ゲーム以上離れていれば加えて1勝(計2勝)のアドバンテージ。

■CSファイナルステージは7回戦で、1位には無条件で1勝のアドバンテージ(これは従来どおり)。更にゲーム差が2ゲーム以上離れていれば2勝のアドバンテージ。更にゲーム差が4ゲーム以上離れていれば3勝のアドバンテージ。

■もちろん、試合は上位のチームの本拠地。

◇ ◇ ◇


このくらいの改正をしてもらわないと今年のホークスのようにブッチギリで優勝したチームが浮かばれないと思うのは私だけではないはず。

いろんな事情でルール改正できないのも、私くらいの年齢になれば察する事もできるんですけどね…。

◇ ◇ ◇

そんな訳でCSファイナルステージに臨むホークスですが、優勝してからの成績が非常に悪い。

最後10試合は6連敗を含む2勝8敗。

柳田の負傷で離脱したとはいえ、ちょっと勢いがなくなってる気がします。

しかも試合まで期間があるため、試合勘が鈍らないかも心配です。

ともあれ、ホークスにはCSにもしっかり勝って、日本シリーズ進出&日本一目指して頑張ってもらいたいと思います。
├野球TB:0CM:0
<< そうだ、京都へ行こう。2015秋ホーム全記事一覧今クールのドラマ鑑賞(2015/10-12) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/2964-afdb5e93

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.