雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

黄泉がえり

2014/05/01(木) 22:09:02

今さらですが、お友達から「黄泉がえり」のDVDを借りたので観ました。
yomigaeri.jpg


九州阿蘇地方のとある地域で、ある日死者が当時のままの姿で黄泉がえってくるという現象が次々と起こりはじめます。その黄泉がえってきた人に対して喜ぶ人や、半信半疑な人達。
この不思議な状況を調査しに故郷に戻ってきた厚生労働省勤務の川田(草彅剛)と、その幼馴染の橘(竹内結子)の関係を軸に、人々の純粋な想いが奇跡を呼び起こす物語です。

観終えた感想としては、いろんな人が黄泉がえったため、その一つ一つをもう少し深くストーリー化してくれればなという印象です。映画の枠内に収めるのは難しい話だったのではないでしょうか。

あとは、元々映像を見てすぐに内容を理解できない性格なので、誰が黄泉がえりの人なのか分かりませんでした。特に竹内結子が黄泉がえりだと分かったのはだいぶ後(汗)

そして、RUI(柴咲コウ)の歌のシーンは長かった…。
なので、そこだけ早巻きしました(笑)

それにしても、RUI自身は黄泉がえりだったの?それともバックバンドの人が黄泉がえったから、あそこでコンサートを開いたの?

ちょっと謎が多く、少々消化不良の映画でした。

もう1回見直せばもっと理解できるかも…。

でももう観ません(汗)




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:2
<< 第134回燃費計算ホーム全記事一覧福井の丸岡城へ! >>

コメント

「黄泉がえり」はかなり昔に見ましたが途中で寝ましたw

同じような感じの作品で「いま、会いにゆきます」はめっちゃ良かったですよ♪
ニシヤマ #4ifQ3KdE|2014/05/03(土) 01:20 [ 編集 ]

寝ちゃいましたか(汗)

個人的にこの手の映画はちょっと苦手かも…。

「いま、会いにゆきます」も竹内結子主演でしたよね?
せっかくおススメいただいたので、今度レンタル屋で物色してみます。
あずたけ #KTts6b96|2014/05/03(土) 21:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cottonfe.blog17.fc2.com/tb.php/2762-88f74fc2

Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.