雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』

2018/01/28(日) 16:17:32

映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』のDVDをレンタルして観ました。

22nenmeno-kokuhaku.jpg

殺人事件の時効が撤廃される直前に起こった殺人事件の犯人が、時効が終わった後に「自分が犯人だ」と名乗り出て、告白本を出版し、あらゆる騒動に巻き込まれていく…という感じのストーリーです。

面白そうなストーリーだったので借りて観てみましたが、なるほど、ストーリーで内容が分かってしまうような展開ではなく、なかなか面白かったです。

今でこそ殺人事件の時効が撤廃されましたが、それ以前で時効になってしまった被害者遺族はどういう気持ちでいるのかな…とか、逆に加害者はどういう気持ちでいるのかなという思いを抱きながら観ました。

今回も良い映画にめぐり逢えました。

刑事モノ・サスペンスモノがお好きな方にはおススメです。



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、営利目的であったり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。

ドラマ・映画TB:0CM:0

ミュージアム

2018/01/09(火) 21:08:13

映画『ミュージアム』のDVDをレンタルして観ました。

museum-movie.jpg

ジャケットに書いてあった

『あなたは最悪のラストを期待する』

という謳い文句にちょっと惹かれて観てみる事に。


ストーリー的には、猟奇的殺人を次々を行う犯人に対し、主役が推理しながら追い詰めていくという比較的ありがちなストーリーですが、殺され方がちょっとエグくて、ホラーがあまり好きではない私にとってはちょっとドキドキ(苦笑)

最後のシーンは、完全ハッピーエンドではなく、この後主人公の親子はどうなっていくのか…?というちょっと含みを持たせた終わり方でした。


全体的な感想としては、ジャケットにある通り『スリラーエンターテイメント』って感じです。

期待以上でも以下でもありませんでした(苦笑)

個人的には、もっと謎解きやアクションが多い刑事モノの方が好きですね~


ま、これはこれでアリかなと。

最後に、全部観終わってから、犯人役が妻夫木聡さんという事を知りました(汗)

妻夫木さんと感じさせないところに演技上手が伺えますね。




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、営利目的であったり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0

葛城事件

2018/01/08(月) 22:23:49

映画『葛城事件』のDVDをレンタルして観ました。

katsuragi-jiken.jpg

何となく手に取って、何となく観てみたくなり、借りて観てみましたが・・・

最後まで観終えて、非常に心が重くなりました。


そんなに現実離れしていない家族設定。

亭主関白な父親、気弱な母親、親の顔色を伺って期待に応えようとする長男、それに反抗する次男。

そんな家族内のジレンマが膨れ上がり、最悪のケースになってしまうストーリーです。

最後は、父親が今まで何事もなかったかように食べかけの蕎麦をすするシーンでしたが、異様かつ不気味に感じました。

私の好みとはちょっと違った映画でしたが、最後まで一気に観てしまいました。



感想としては

深い。

そして重い。

そんな映画でした。




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、営利目的であったり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0

今クールのドラマ鑑賞(2018年1~3月期)

2018/01/07(日) 22:35:58

12月でドラマも1クール終わりました。

今回も楽しませてもらいました。

今回一番面白かったのはやっぱり『陸王』かな。

WOWOWドラマも面白かったので悩みましたが、池井戸潤氏ならではの痛快なラストが観ていて気持ち良かったです。


さて、今回視聴予定のドラマは・・・

FINAL CUT
final cut

あらすじを読んだら面白そうなので視聴予定。


続いて、

BG~身辺警護人~
bg.jpg


続いて、

アンナチュラル
unnatural.jpg

好物の医療系なので視聴決定。
前髪作った石原さとみさんもカワイイ♪


続いて、

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II
999-2.jpg

前回が面白かったので今回も視聴決定。


続いて、

監査役 野崎修平
nozaki.jpg

原作漫画を読んだ事があるので、こちらも視聴決定。


続いて、

闇の伴走者~編集長の条件
yaminobansousha2.jpg

これまた前作が面白かったので視聴決定。


続いて、

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
kazokuno-tabiji.jpg


続いて、

イノセント・デイズ
innocentdays.jpg


最後に、

スニッファー 嗅覚捜査官
sniffer-sp.jpg

3/21にスペシャルドラマ化するそうです。シリーズドラマを観ていて面白かったので見逃さないようにしないと(苦笑)


以上です。

今回もちょっと多めですが、WOWOWは短編なのでさほどでもありません。

こんなもんでしょう。

とりあえず、今回も楽しみます♪



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。

ドラマ・映画TB:0CM:0

コウノドリ #20

2017/11/08(水) 21:51:57

マンガ『コウノドリ』の最新刊20巻を買ってきて読みました。
DSC_0963.jpg

3巻が出た時くらいに知り、医療系が好きな私的には正に『ツボ』で、それからはずっと新刊が出たら買っています。

もちろん、TVドラマ化されたのは全て観ています(現在進行形)。

とかく、原作がマンガで、それがドラマ化されると

『原作と役者のイメージが合ってない』

というケースが見受けられますが、ドラマの主人公役を演じている綾野剛を見た時

『おっ、結構原作の雰囲気に寄せてきてるねぇ』

と感心しました。


さて、今回の表紙。

これを見て

『この表紙、原作の方が綾野剛に寄せてきてるんじゃね?』

と思いました(笑)

とにもかくにも、今回も充実した内容でした。

マンガとはいえリアリティがかなりあるので、特にこれから妊娠・出産を考えている人(関連する人含む)には是非読んでいただきたいですね。
ドラマ・映画TB:0CM:0

デスノート Light up the NEW world

2017/10/06(金) 21:42:17

今さらですが映画『デスノート Light up the NEW world』を観ました。

DEATH NOTE Light up the NEW world

Lと夜神月との対決から10年の時を経て、新たなデスノートによる物語を描いた作品です。

『デスノート』シリーズは、映画3部作・TVドラマ・原作マンガと観ましたので、こちらも期待して観ました。

・・・が、

『ちょっと違うなぁ・・・』

ってのが観終わった印象でした。

事前情報を全く入れず観ましたが、確かにデスノートのルールに基づいてストーリーは展開していきましたし、10年前の経過もあったので「つながり感」はありました。

ただ、個人的には

・Lのミステリアスな個性を、後継者があまり引き継いでいない。
・Lと月の時のような天才的な推理戦があまり表現されていない。
・6冊のデスノートがそれぞれどのようにしてその人物に行き渡ったかがハッキリしない。
・そしてその6冊のデスノートが比較的アッサリとまとまってしまう。

ってところが残念だったなと。

映画という時間的制約もあったと思いますが、やはり不満足。

ま、映画3部作・TVドラマ・原作マンガでかなり満足したので、これは「おまけ」として観る分には良いと割り切る事にします(苦笑)



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、営利目的であったり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0

今クールのドラマ鑑賞(2017年10~12月期)

2017/09/25(月) 23:23:18

9月でドラマも1クール終わりました。

今回も楽しませてもらいました。

今回一番面白かったのは『愛してたって、秘密はある。』でしたね。
aisitatte-himituhaaru.jpg

巷ではあまり人気がなかったようですが、最後の最後までスリリングな展開で最終話まで楽しめました。
最終話に全てが分かるというストーリーは定番で、最後のところはもうちょっとヒネリが欲しいところが唯一残念かなと。
ま、何と言っても川口春奈さんが可愛かった(笑)



さて、今回視聴予定のドラマは・・・

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜
misyuunoteki.jpg

何となく惹かれて視聴予定。


続いて、

明日の約束
asitaoyakusoku.jpg

あらすじを見て、候補にしてみました。


続いて、

ドクターX ~外科医・大門未知子~(5期)
doctor-x-5.jpg

こちらも以前から観ているので今回も視聴決定。


続いて、

ブラックリベンジ
black-ribenji.jpg

こちらも何となくストーリに惹かれて視聴決定。

続いて、

コウノドリ(2期)
kounodori2.jpg

原作全巻持ってますし、これは見逃しません。


続いて、
陸王
rikuou.jpg

池井戸潤氏の原作という事で視聴決定。


続いてWOWOWドラマです。

まずは
沈黙法廷
chinmoku-houtei.jpg


続いて、
片想い
kataomoi.jpg


続いて、
石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
ishitsubute.jpg


最後に
名刺ゲーム
meishi-game.jpg


以上です。

今回はちょっと多めですが、WOWOWは短編なのでさほどでもありません。

こんなもんでしょう。

とりあえず、今回も楽しみます♪



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0

カッコウの卵は誰のもの

2017/07/10(月) 21:43:19

今更ですがWOWOWドラマ『カッコウの卵は誰のもの』のDVDをレンタルして観ました。

kakkou.jpg

ストーリーは

親子2代でトップスキーヤーを目指す緋田風美(土屋太鳳)と父・宏昌(伊原剛志)。風美からは、高い運動能力を示す特別な遺伝子パターンが検出され、人目を引く容姿も相まってメディアの注目の的だ。遺伝子研究者の柚木(戸次重幸)は、新たなスポーツビジネス開発のために父娘のさらなる検査を申し出るが宏昌は拒絶。
実は風美の出生には大きな秘密があったのだ。

全日本の強化合宿では、風美のほか、同じく“スポーツ遺伝子”を「持つ」がスキーに興味が無い伸吾(高杉真宙)、「持たない」が実績のある恵里香(真野恵里菜)、和真(森永悠希)、年齢的な限界を迎えている翔太(矢野聖人)ら若者たちが、さまざまな想いを抱きながら練習に臨んでいた。ところがそこへ「緋田風美をメンバーから外せ。さもなくば彼女に危害が及ぶ」という脅迫状が届く。その頃、ある病院でひとりの青年(本郷奏多)が子どもたちに「才能」に関する物語を読み聞かせていた…。
(ここまでHPから引用)


全6話でしたが、なかなか見応えがありました。

原作は読んでいませんが、主人公の出生の秘密、葛藤、遺伝子パターン、そしていろんな人間関係が交錯する面白いドラマでした。

さすがWOWOWドラマといった感じです。

設定は北海道という事でしたが、ロケは地元長野県(メインは大町市・白馬村)で行っていて、見た光景もいくつかあり、違う観点からも楽しめました。

やはりWOWOWドラマは外しませんなぁ~




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。

ドラマ・映画TB:0CM:0

今クールのドラマ鑑賞(2017年7~9月期)

2017/07/09(日) 21:54:06

6月でドラマも1クール終わりました。

今回も楽しませてもらいました。

今回一番面白かったのは『犯罪症候群』ですね。
haizai-syokougun.jpg

民法版、WOWOW版共に面白かったです。


さて、今回視聴予定のドラマは・・・

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 シーズン3
code-blue3.jpg

医療モノであることと、今まで観てきたので視聴必須。


続いて、

僕たちがやりました
bokutatigayarimasita.jpg

あらすじを見て、何となく候補にしてみました。


続いて、

遺留捜査第4シーズン
iryu-sosa4.jpg

こちらも以前観て面白かったので今回も視聴決定。


続いて、

アキラとあきら
akira-to-akira.jpg

WOWOWドラマだし、池井戸潤氏原作という事で期待を込めて視聴決定。

最後に、

愛してたって、秘密はある。
aisitatte-himituhaaru.jpg

これも、あらすじを見て面白そうだったのと、企画・原案が秋元康氏というのも気になったので視聴決定。
あと、川口春奈さんカワイイです♪(笑)


以上です。

今回はちょっと少なめです。

こんなもんでしょう。

それに7月29日にはドラクエ11の発売が控えていますしね(笑)

とりあえず、今回も楽しみます♪



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0

今クールのドラマ鑑賞(2017年4~6月期)

2017/04/08(土) 20:51:53

3月でドラマも1クール終わりました。

今回も楽しませてもらいました。

今回一番面白かったのは…『下剋上受験』ですね。
gekokujo-juken.jpg

息子の高校受験と重なり、他人事ではないように観ました(笑)
ドラマのような難関有名校ではないですが、お互い合格という結果に終わって良かったです。
ちなみに、私は専業主夫は絶対できません(汗)


さて、今回視聴予定のドラマは・・・

貴族探偵
kizoku-tantei.jpg

探偵モノは好きなので、とりあえず候補。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
crisis.jpg

好きな警察モノというところと、キャスティングにちょっと期待して視聴。


緊急取調室2
kintori2season.jpg


前作が面白かったので今回も視聴。


人は見た目が100パーセント
mitame-100.jpg

観たいジャンルではないですが、主演が桐谷さんという事でとりあえず押さえておきます(笑)


リバース
reverse.jpg

湊かなえ氏原作という事とキャスティングが良さそうなので視聴。


犯罪症候群
haizai-syokougun.jpg

東海テレビとWOWOWの共同製作ドラマという事で視聴。
東海テレビ製作ですが、フジ系列で全国ネットされるらしいので一安心です。
民法とWOWOW共同制作ドラマは『MOZU』以来だと思うので期待度大です。


櫻子さんの足下には死体が埋まっている
sakurakosan.jpg

面白そうなので視聴。


以上です。

ちょっと多めなので全て観られるかどうか…。

とりあえず、楽しみます♪



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
ドラマ・映画TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.