雑記帳 本館 -碧く尊く-

~ 趣味をメインに、日々の出来事・気持ちを思うがままにつづっています ~

カウンター

ACCESS:
ONLINE :

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

只今

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

名言集


RSSフィード

プロフィール

あずたけ (「CottonFe」改め)

  • Author:あずたけ (「CottonFe」改め)
  • お問い合わせはメールフォームまたはこちらからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

健闘!長野県勢

2017/01/22(日) 21:08:19

今日行われた『第22回 全国都道府県対抗男子駅伝』で、地元の長野県が3年ぶり7度目の優勝を果たしました。

長野が7度目優勝 都道府県対抗駅伝 2位は福岡、愛知が3位】(デイリースポーツオンラインより)
ekiden-nagano-2017.jpg

昔は何のスポーツでもパッとしなかった長野県勢でしたが、春高バレーで岡谷工業高校が、高校駅伝で佐久長聖高校が活躍し出してから、徐々に県勢の活躍を目にするようになってきました。

女子も先日行われた都道府県対抗駅伝では10位となり、徐々に力をつけてきています。
今後の活躍に期待です。


プロスポーツの花形である、プロ野球選手やプロサッカー選手のトップで活躍している県勢の選手は見当たりません(強いて言えばオリックスの金子投手は県内高校出身)が、サッカーJ2では松本山雅、J3ではAC長野パルセイロの2チームが頑張っています。

そして現在、プロスポーツで最も注目を浴びている県勢の選手は、大相撲の御嶽海関でしょう。

今場所は前頭筆頭で2横綱・2大関を倒し11勝を挙げ、技能賞を獲得しました。

御嶽海、蒼国来が初の技能賞 殊勲賞は貴ノ岩が初受賞】(日本経済新聞より)
mitakeumi-ginousyo.jpg

来場所の三役は間違いないでしょう。
更に来場所以降の活躍次第では、その上も目指せるのではないかと期待してしまいます。

御嶽海関は学生横綱というタイトルを引っ提げて各界入りし、地元メディアでも注目され、デビュー当時から応援していました。
今場所も勝敗が気になり、スポーツニュース等で取組を観ていましたが、今場所は下半身の安定と、相手に体を寄せて押し出す『巧さ』が目立ちました。
技能賞受賞も納得です。


生まれも育ちも長野県の私にとって、全国で活躍する県出身者を観ると応援したくなります。

こういうのも『郷土愛』なんでしょうかね。

全国で活躍する県勢の選手を観て、私も少し元気を分けてもらっています♪




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└スポーツその他TB:0CM:0

リオ五輪後半&全体総括

2016/08/22(月) 21:10:14

4年に一度のスポーツの祭典も終わりました。

今回もいろんな感動をもたらしてくれました。

前半は既に記事にしましたので、後半について。


後半も書き出すとキリがないので一番感動した部分だけ書きます。

後半で感動したのは「卓球女子団体」の銅メダル獲得ですね。
http://www.gorin.jp/video/5085268553001.html

福原愛選手がキャプテンとしてチームを引っ張り、重圧と戦いながらも何とか最後で手にしたメダル。

それまで感情に表さなかった福原選手から大粒の涙がこぼれた時、その重圧から解放されたのを感じました。
http://www.gorin.jp/video/5085263616001.html

個人ではメダルを逃し、団体戦の準決勝でも自分が負けて前回の銀メダル以上を逃し、かなり精神的に追い込まれていたと思います。

それでもキャプテンとしてチームの精神的支柱となったことで、石川選手・伊藤選手が伸び伸びプレーできたのではないかと思います。

後半で一番感動的なシーンでした。


そして前回の記事で書いた、地元長野県出身の女子バドミントンシングルスの奥原希望選手。

見事に銅メダル獲得!!
http://www.gorin.jp/video/5090607436001.html
http://www.gorin.jp/video/5090621718001.html

結果的に3位決定戦は相手の棄権により行われませんでしたが、どんな形であれメダリストには変わりありません。

どうやら、長野県出身者では今まで夏の五輪のメダリストはいなかったみたいなので、県内出身者初のメダリストとなりました。

快挙です!素晴らしい!誇らしい!

まだ21歳。

更に腕を磨いて、次回の東京五輪では今回とは違った色のメダルを狙って欲しいですね。

◇ ◇ ◇

最後に。


五輪で目標を達成できた人もできなかった人もいるかと思います。

でも、五輪に舞台に立っただけでもすごい事なんです。

それまでに、選手の皆さんはたゆまぬ努力を重ねてきていたはずです。


皆さん、胸を張って帰ってきてください。


皆さんは日本の誇りです。


五輪に出場した皆さん&関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

そして、次回の五輪でも感動を与えてください。




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。

└スポーツその他TB:0CM:0

リオ五輪前半総括

2016/08/12(金) 21:53:09

リオ五輪も開幕して半分が終わりました。

rio2016.png

スポーツ観戦好きな私としては、注目競技はTVやネットでしっかりチェックしています。

4年に一度のスポーツの祭典だけあって、やっぱり観ているほうも熱が入りますね~


さて、今大会の前半を観戦した中で一番感動したのは

体操男子個人総合で金メダルを取った、内村航平選手の最後の鉄棒の演技。

その他の種目の演技も、素人の私が観ても惚れ惚れするほどの美しさと完成度だったのですが、最後の鉄棒の離れ技(屈伸コバチ&コールマン&カッシーナ)を見事に成功させ、最後は伸身の新月面でピッタリ止めた着地。

結果的に最後で逆転しての金メダルだったのですが、あの演技を終えての内村選手の表情を観て

「本人は満足した演技だったんだな」

と思い、またこのプレッシャーの中でほぼ完璧な演技をした内村選手を観て感動しました。

後になって知りましたが、内村選手は腰を痛めていたんですね。

動画で鉄棒の着地の時に顔をしかめている様子がうかがえます。
http://www.gorin.jp/video/5078847489001.html

5:40くらいのところ

鉄棒の着地なんてものすごく腰に負担がかかりそうなのに…。

痛みをこらえて完璧に着地を止めてくるところが、世界王者を守ってきた精神力なんだろうなぁって思いました。


他にも感動したシーンは沢山ありましたが、書ききれないので省略します。

唯一、地味かもしれませんが、男子卓球シングルスの水谷隼選手の銅メダルは素晴らしかった。日本卓球界史上初ですしね。
http://www.gorin.jp/video/5080411750001.html

っていうか、中国選手激強・・・。

男子シングルス金メダルの馬龍選手ほか、女子シングルスで福原愛選手が全く歯が立たなかった李暁霞選手が決勝で丁寧選手に負けてしまうんですからね…。
団体戦でも、他国へ帰化した中国人選手に苦しめられそうです。

◇ ◇ ◇

後半も見どころ満載ですが、個人的に期待(応援)しているのは地元長野県出身のバドミントン女子シングルスに出場する奥原希望選手。

メダルの期待もできる実力を持っているようなので、是非頑張ってほしいです。

希望選手はじめ、これからも頑張れニッポン!!




※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└スポーツその他TB:0CM:0

小さな大横綱逝く

2016/08/01(月) 22:47:43

昨日は東京都知事選挙の話題が大きかったですが、その前にスマホに入ってきた訃報の速報。

元横綱千代の富士の九重親方が亡くなりました。
chiyonofuji.jpg

元横綱千代の富士の九重親方が死去 がん転移で闘病】(Yahoo!ニュースより)

61歳での逝去は早すぎます。


小さい頃は祖父と一緒にTVで大相撲を観るのが習慣になっていて、当時の千代の富士は小兵ながらもそれに負けない筋肉を纏い、大きい力士を倒していく姿がすごくカッコ良かったのを記憶しています。

そして大関時代の記憶がほとんどなく(調べたら3場所しか在位していなかった)、一気に横綱に昇進。

横綱になっても低く当たって相手の左上手を取り、そのまま一気に上手投げという豪快な取り口は何度見ても

「さすが横綱、強ぇなぁ~」

と幼心に思いました。

突っ張りが得意の相手にも真向から立ち合い、それを受け止めて勝つという相撲に

「横綱とはかくあるべし」

と「心・技・体」全てが揃っていた大相撲最高位の相撲というものを見た気がします。
(敢えて個人名は出しませんが、立ち合いで張り差し&かち上げ、また変化をするような立ち合いは横綱には似合いません。真っ向から受け止めてこそ横綱だと思います。)

数々の記録を残し、国民栄誉賞も受賞。

力強い雲龍型の土俵入り。

足を高々と上げて四股を踏む姿は本当にカッコ良かった。
私が見てきた土俵入りの中でナンバー1です。


肩を脱臼しながらの優勝、生まれたばかりの娘さんの死を乗り越えるなど、記録と共に記憶にも残る横綱でした。

そして、自身の引退の引き金となった貴花田との対戦の黒星、そして引退会見の「体力・気力の限界」と発して流した涙。
「小さな大横綱」の名にふさわしい横綱でした。


存命であれば、いずれ相撲協会の先頭に立っていくであっただろうだけに惜しまれる死です。

私にとっては今も昔も「横綱=千代の富士」です。

今は、前述した過去の現役時代の記憶を思い出しながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。

合掌。






※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者又は関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└スポーツその他TB:0CM:0

五輪閉幕

2012/08/15(水) 20:45:48

17日間にわたって行われたロンドン五輪が閉幕しました。

時差の影響からか、LIVEで観たのはほとんどありませんでしたが、ハイライトだけでも感動するシーンがありました。

今大会はメダル数が史上最大だったとの事。
金メダルは目標には届かなかったようですが、今大会の選手団は記録に残る結果を出してくれましたね。

金メダルは7個でしたが、内訳は柔道×1、体操×1、レスリング×4、ボクシング×1。

レスリングの伊調・吉田両選手の3連覇はスゴイですね。
そして体操の内村選手も圧巻でした。
柔道は1個に終わりましたが、他の競技より注目され重圧がかかった試合の中、よく頑張ったと思います。

個人的に印象的だったのは、卓球女子団体の銀メダル。
史上最強のトリオだったのではないでしょうか。
準決勝に勝利し涙を流しながら抱き合った姿が感動的でした。

それから意外にも(失礼)女子バレーの銅メダル。
下馬評は高くなかったですが、チームプレーで勝ち取った銅メダルでした。
中国との準々決勝は白熱しましたね。

それから言葉で印象的だった、男子400mメドレーリレーの松田選手の
『康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない』
という団結力。見事な銀メダルでした。

また今回は女子サッカーやアーチェリー女子団体など「競技初」のメダル獲得が多かったように感じました。
前回のフェンシングの太田選手のように、資金面で苦労していた選手が、この活躍を機に更に活躍の場が広がる事を期待します。

◇ ◇ ◇

全体的に今回の日本チームには日本人ならではの『和』の心が個人・団体共に根付いていたような気がしました。
個人でも「私だけでなく、チームやスタッフや周りの皆さんのおかげで~」的なコメントが多かったように思います。

1+1が3にも4にもなる和(団結力)の心。

それが実力どおり(以上)の力を発揮した結果だったように思いました。

とにもかくにも、選手、スタッフ、関係者の皆さんお疲れ様でした。

そして感動をありがとう!!

└スポーツその他TB:0CM:0

男女好発進!そして開幕!!

2012/07/27(金) 21:48:42

オリンピックはまだ開幕してない(日本時間の明日早朝)ですが、競技は既に始まっているものもあります。

サッカーは男女とも予選リーグが始まり、なでしこは順当に、そして男子は強豪スペインに勝利するという絶好のスタートを切りました。

なでしこは試合全体でも格上の展開でしたので、点差以上の安心感がありましたね。

2-1でカナダに勝利 川澄、宮間がゴール=サッカー日本女子代表】(Yahoo!ニュースより)

男子は実力世界一とも言われている「無敵艦隊」スペインを、ポストプレーから1点をもぎ取り、しっかりと守り切りました。

日本のスペイン戦勝利にFIFAも感嘆「衝撃を与えた最大の番狂わせ」】(Yahoo!ニュースより)

この試合だけ見れば、そんなに実力差は感じられないのではないかと思える試合展開でした。

これで日本代表は幸先よく開会式に臨めますね。

さぁ、これから4年に一度のスポーツの祭典が始まります。
今回もいろんな興奮と感動を与えてくれるはずです。

できる限り観戦したいのですが、如何せん時差が…(苦笑)

とりあえず、ものすごく観たい競技以外はハイライトでチェックかな…(汗)


ひとまず明日はなでしこを観戦する予定。

さぁ、頑張れニッポン!



※著作権者様へ 
こちらのリンク(画像)は著作権者の承諾を得ずに貼らせていただいていますが、あくまでこのブログ記事の紹介のために引用させていただいているのみであり、悪意があったり、著作権者に不利益を与えるために貼っているものではありません。著作権者及び関係者の方がこちらをご覧になり、万一このリンク(画像)が、不適当であると思われましたら、お手数でもご一報ください。お詫びするとともに速やかに削除いたします。
└スポーツその他TB:0CM:0

旗つつみ!

2010/09/05(日) 22:43:28

今日行われた、国内男子ゴルフツアー「フジサンケイクラシック」の最終日。

石川遼選手がプレーオフの末、優勝を果たしました。

遼、苦しみ抜いての勝利! 賞金ランクもトップに浮上

TVやネットでも結果を観ましたが、私が観た中で衝撃的な瞬間を取り上げていない事が一つ。

ちょうどリアルタイムでTV観戦していたのですが、それまでリードしていた薗田峻輔選手の18番ホールのグリーン奥からの第4打。

誰もが打った瞬間、大きくオーバーすると思ったその時、ピンの旗にボールが包まれ、そのまま下にポトリ。

まさに、マンガ『プロゴルファー猿』の必殺技『旗つつみ』そのものでした。

まさか、現実にこんな事が起こるとは…!

ちなみに『プロゴルファー猿』はこんな感じ。ゲームのPVのようです。
途中で旗つつみのシーンがあります。



結局薗田選手は、このホールはボギー(5打)でホールアウトし、プレーオフになった訳ですが、もし旗に包まれてなかったらボギーでホールアウトする事はできなかったでしょう。

この時は、薗田選手に勝利の女神が微笑んだと思いましたが…。


もう1回この映像を観てみたいですが、今のところどこでも取り上げてません。

あのシーンは忘れられないだろうなぁ。
└スポーツその他TB:0CM:0

58

2010/05/03(月) 00:09:48

男子ゴルフの中日クラウンズは石川遼選手が最終日『58』という驚異的なスコアで逆転優勝を果たしました。

石川遼が今季初V!ツアー新の「58」で大逆転/国内男子

普通のコースはパー72ですが、このコースはパー70ということで、12バーディノーボギー。

ただただスゴイの一言です。


特にスゴイのは最終日でこのスコアを叩き出した事。

最終日は基本的に4日間のうちで最も難しい位置にカップを切ってあるはず。

全く末恐ろしい選手です。

益々これからの活躍に期待してしまいます。
└スポーツその他TB:0CM:0

最強レフティ

2010/04/12(月) 23:59:59

男子ゴルフのマスターズは、フィル・ミケルソンが優勝しました。

ミケルソン、3度目優勝=復帰戦ウッズ4位、池田29位-マスターズゴルフ

乳がんに罹った妻の看病のためにツアーを休んでいたためか、ここのところ上位に名を連ねる事ができなかったようですが、優勝を決めた後に奥さんと抱き合った姿は感動的でしたね。

明暗分けた家族愛 ミケルソン4年ぶり3度目の優勝

レフティのゴルファーは、日本では羽川豊プロくらいしか知りませんし、世界的に見ても非常に珍しいですが、彼は間違いなく史上最強レフティでしょう。

優勝するべくして優勝したような気がします。

とにもかくにも、おめでとう。
└スポーツその他TB:0CM:0

マスターズ

2010/04/10(土) 00:34:53

今年もゴルフ4大メジャーの一つ、マスターズが開幕しました。

ウッズ7位、石川は32位=池田17位、首位はカプルス−マスターズゴルフ


今年はタイガー・ウッズの復帰戦という事もあり、例年以上に注目されてますね。

そのタイガー・ウッズは初日幸先の良い滑り出しを見せました。
2位タイに、あのトム・ワトソンがつけているというのも興味深いですね。

日本人選手では、池田選手が好スタートでしたね。
注目の石川選手もまずますのスタート。

これから第2Rがスタートするようですが、とりあえず予選通過をして欲しいですね。


マスターズが開催されている、オーガスタナショナルゴルフクラブでプレーする事が、昔から叶えてみたい夢の一つだったりします。
└スポーツその他TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 雑記帳 本館 -碧く尊く- All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.